INSERT

l         INSERT文では「*」は使用しない

l         INSERT文のINTO句で列名省略可能。この場合、表に定義された順に定義された工数分、データ型に合うデータをVALUE句で指定する。副問合せで戻される列が異なるとエラーになる。

l         NOT NULL制約が定義されている列には、INSERT文で列指定する必要あり

l         データコピーの構文

INSERT INTO Copy_表名 FROM 表名 ASはいらない)

l         INSERT INTO 表名 VALUE (1000, NULL, 2400) ←リテラル NULL 指定はエラーにならない(明示的手法)

l         INSERT文「INSERT INTO 表名 SELECT…」で副問合せを使用して、データを表に追加する場合、VALUE句は指定しない。