DROP TABLE

シノニム・ビュー・順序

残るが無効になる

索引・制約・表

削除後ゴミ箱へ※Purge句が設定されていればゴミ箱へいかず即削除

 

l         削除した表をリストアするのはFLASH BACK TABLE

l         DROP ANY TABLEシステム権限が必要

l         DDL文のため、コミットされロールバック不可

l         下記は同じ結果になる

     Alter Table 表名 Drop(列名)

     Alter Table 表名 Drop column 列名

l         1度に1つの列の削除=Drop column句、複数列の削除はDROP

l         Alter Table 表名 Drop column 列名」 で主キーは削除できるが、別の1列をどこか残す必要あり。

l         Read Only の権限では表のDROPが可能。

l         列の削除は元に戻せない。

 

l         SET UNUSED(列名)を実行すると、同じ名前を表に追加できる。制約と索引は削除できる。

l         UNUSED マークが設定されている列の名前の確認や取り消しはできない。

l         UNUSED マークが設定されている列は、DROP UNUSED COLUMNS を指定したALTER TABLE 文で削除する

l         Describe コマンドでも未使用列は表示されない。