文字型

最大バイト

注意

VARCHAR

4000

デフォルトがないため、サイズ指定しないとエラーになる

CHAR

2000

サイズ指定の省略可能。デフォルトの1が設定される。

CLOB

4GB

サイズ指定するとエラーになる

 

バイナリ型

最大バイト

注意

RAW

2000

 

LONG RAW

2GB

最大サイズ指定不可

BLOB型・BFILE

4GB

最大サイズ指定不可

 

l         NUMBER型は最大38

l         DATE型は7バイト(固定)、サイズ指定不可

l         NVL関数「NVL(式1,式2)」の戻り値のデータ型は式1と同じデータ型。(必要に応じて暗黙変換が行われるが、変換できない場合エラーになる)

l         NVL2関数「NVL(式1,式2,式3))の戻り値のデータ型は式2と同じデータ型。(必要に応じて暗黙変換が行われるが、変換できない場合エラーになる)

l         NVLIF関数「NULLIF(式1,式2)」式1にはリテラルのNULL値以外を指定する必要あり

l         COALESCE関数(式1、式2)はすべて同じデータ型である必要がある。

l         日付値から数値へは相互的に変換不可。

l         日付値+日付値はエラーになる。

l         TO_CHAR関数で指定した数値書式の桁数が足りない場合は#が表示される。

l         TO_CHAR関数は先行「0」を表示するが、「9」は先行「0」を表示しない。

l         ll」は文字列連結演算子なので、文字列への修正必要。

l         TO_DATE関数「TO_DATE(文字列, 日付書式)」の日付書式は省略可だが、デフォルトの書式になる。(TO_CHAR関数においても同様)