l         単一行関数はSELECT句、WHERE句、ORDER BY句などで使用できる。

l         単一行関数は引数と異なるデータ型を返すことができる。

l         SYSDATE関数はサーバーが動作しているOSの日時、CURRENT_DATE関数はセッションが動作しているローカルの日時を戻す。

l         SYSDATE関数は「‘」で囲めない。

l         SYSDATE関数はDEFALT値として指定可能である。

l         INSTAR関数が目的の文字列を見つけられない場合は「0」を戻す。

l         INSTAR関数が目的の文字列を見つけられない場合はNULLを戻す。

l         CONCAT(列1、列2)はそれぞれ文字列へ暗黙変換される。

l         CONCAT関数は3つ以上の文字列は連結できない。

l         LENGTH関数は空白も1字として含める。

l         INSTAR関数においては大文字小文字は区別される

l         ROUND関数(数値,n)はn=0のとき、小数点第一位を四捨五入

l         TRUNC関数(数値,n)はn=0のとき、小数点第一位以下を切り捨てる

l         NX_DAY関数の第2引数として曜日を表す数値は、日本、アメリカにおいてはSundayを1、Saturdayが7になる