【僕が実践している】英語学習のモチベーションを強制的に上げる方法

英語を勉強したいんだけどなかなかやる気が出ません。どうしたらいいですか?

この記事ではこんな疑問にお答えします。


今日こんなツイートをしましたが、その方法は結論から言うと英語試験にノリで申し込むことです。

これで僕は強制的に英語学習のモチベーションを上げることに成功し、大晦日でも朝から勉強することが可能になりました。
今日はそのことについて詳しく解説していきます。

広告

英語学習のモチベーションを強制的に上げる方法

例えば、就活で一定のTOEICスコアが必要だったり、海外の大学へ交換留学に行くから猛烈に英語を勉強する必要がある、などの具体的な目的を既にお持ちの方はこの記事を読まなくても大丈夫でしょう。

僕の場合、以前は海外で働いており生活も仕事も英語を使うため、”英語をやらざるを得ない状況”でした。(またTOEICクラスで講師なんかも一時期していました)。
しかし現在は、日本にて日本の企業で英語を一切使わずに生活をしているため将来的には海外の大学院でマスターを取るという目標は有りながらもなかなかモチベーションを出すのが難しい状況です。

そんな時に僕が実践している方法が冒頭で紹介した「英語試験にノリで申し込む」という方法です。

とりあえず試験に申し込もう

僕の場合は来月の英検に申し込みました。
英検自体受けるのが中学生以来で、とりあえず腕試しとして準1級にしましたが、2019年中には英検1級を取得したいと思います。

受かるかわからないけどとりあえず申し込んでしまったので、おかげで勉強はかなりはかどっていますし、試験日まではこのモチベーションを維持できると思います。

人間は損しなくないという感情が強い生き物であり、せっかくお金払ったんだから元は取りたいと思う習性があります。要するにこの習性をうまく利用しましょうということですね。

TOEICとかなら毎月試験が行われています。今まで全く勉強をしていないという人でもオッケーです。まず申し込んでそこから試験日まで可能な範囲で準備しましょう。

ぶっちゃけ落ちてもOK

もちろん英検準1級は受かりたいし欲しいですが、ぶっちゃけ落ちても良いと思っています。なぜなら最も大切なのはその過程で英語を勉強して自分の英語力を上げることだからです。そのための試験料とも言えます。

試験は一石二鳥

資格とか試験を批判する人も多いですが、僕は試験資格大好き人間です。自分の肩書きが増えていくのはめちゃめちゃ楽しいですし、資格取得に向かって勉強することで自分の能力や知識も上がります。

なんの目標も無しに英語を勉強するって、何の目的地や目印の無い砂漠の中にポツーンといるような感じでかなり難しいことだと思います。また英語学校で働いていた時代は様々な生徒を見てきましたが、英語力をしっかり上げて帰る人は明確な試験スコアの目標がある人がほとんどです。試験を意識していたとしても、最終的にスピーキングもそういう人の方が出来るようになっているから不思議です。

ですので試験、資格は自分の肩書きも増えるし、その過程で力も付くので最高じゃんというのが僕の意見。

あなたが受けるべき試験

英語試験と言っても色々あるので、どれを受けるべきかわからないという人も多いでしょう。
そんなあなたのために英語試験の選び方を解説したいと思います。

仕事や収入に繋がる

以前こんな記事を書きました。

関連記事

この記事はこんな人にオススメ! ・とりあえず英語の勉強を始めたい ・何か履歴書に書ける英語系資格を取りたい ・どうせならなるべく収入に繋がる資格を取りたい 「とりあえず英語を勉強したい!何か履歴書に書ける資格を取[…]

収入やお金に繋がると人はモチベーションが出ます。世の中から評価されやすい資格を取るのは当たり前の戦略だと言えます。特にこだわりが無い人はまずはポピュラーな物から始めるのもひとつの手です。ポピュラーな試験はその時になんとなく受けていたとしても将来的にどこかで使える可能性が高いです。

自分のレベルより少し上の試験

あまりに難しい試験の場合は参考書を見てもチンプンカンプンでモチベーションが出にくいですし、勉強効率としても良くないです。簡単な場合も負荷がかからずレベルアップは望めません。
受けるべき試験は今の自分のレベルより少し上の試験です。頑張ったらなんとか手が届く範囲。これを繰り返すことでドンドン上に登っていくようなイメージです。

例えば、

中学英語レベルの人→英検3級あたり、TOEIC Bridgeなど
高校英語レベルの人→英検2級あたり、TOEICなど
TOEIC800以上の人→IELTS,TOEFL,英検1級など

既に交換留学でTOEFLが必要とか明確なものがある人以外は、この2つの方法で決めていって問題ないでしょう。

まとめ

というわけでこの記事では、僕が実践している英語学習のモチベーションを強制的に上げる方法を紹介しました。

これは英語に限らず言えることだと思いますが、やはり明確な目標と期限を設けた方が動きやモチベーションは良くなるということです。

もし今迷っていたり、モチベーションが出なくて困っている人はとりあえず試験に申し込んでみましょう。落ちたら試験費用が無駄になるし・・・というのは大きな間違いで、その過程でしっかり力を付けているのであれば全然元は取れていると思います。

最新情報をチェックしよう!
広告