【徹底解説】英会話スクールの効果的な使い方と選び方

  • 2018年12月8日
  • 2018年12月8日
  • 英会話
  • 9view
この記事を読んだらわかること
・英会話スクールを最大限に活用できるようになる
・自分に合った英会話スクールを探せるようになる

英会話を学ぶ人は近年増殖しておりますが、せっかくスクールに通っているのにもったいない使い方をしているなーという場面に出くわすことも多くなりました。
だいぶお手頃価格になったとはいえ、安くても毎月数万はかかるわけなのでもったいないですよね。

この記事ではそんな英会話スクールを最大限に活用できる方法と自分に合うスクールの選び方を解説していきたいと思います。

ちなみにこの記事を書いている僕は、以前にフィリピンの英語学校でマネージャーをしていたことがあり成果が出る生徒も出ない生徒も色々見てきました。そんな経験をもとに解説していきます。

広告

英会話スクールの効果的な使い方

アウトプットの場とすること

最も大切なことがこちらだと思います。
英会話スクールは学びの場ではなく実践の場です。

具体的にどういうことかと言うと、家でインプットした単語とか文法とか色々な英語知識をアウトプット(実際の会話で使ってみる)する場であるということです。授業で単語とか文法とかを教えてもらおうと受け身になっているとあまり効果が出ないでしょう。(もちろん授業内で新しいボキャブラリーに出会いますのでそれはしっかり復習しましょう)

また授業以外の時間はまったく勉強しないという人も成果が出にくいと思います。英会話を上達させたいなら自習でのインプットは必須になりますので、週1英会話スクールに行くとして毎日1時間程度の自習をすることをオススメします。

自宅でインプット→英会話スクール→自宅でインプット・・・という流れを作りましょう。
これを繰り返していれば自然と結果は付いてきます。

ちなみにマンツーマンクラスに特化した活用方法は以下の記事で解説しています。

関連記事

「マンツーマン授業を最大限活用する方法を知りたい」 「マンツーマン授業で何をやればいいのかわからない」 この記事ではこんな疑問にお答えします。 海外語学留学でも国内の英会話スクールでもマンツーマン授業というのはかなり定着してきました[…]

授業でしかできないことだけをやる

授業時間を最大限活用するということは、自宅で自分1人でもできる事を排除するということと同義であると考えています。

例えばエッセイのライティングをやるとして、エッセイを書くことは自宅で出来ます。そしてクラスでしか出来ないことは添削とその解説です。このケースでベストなやり方は、自宅で書いてクラスに持っていってチェックしてもらうという流れになるでしょう。

フィリピン留学で1日8時間も授業を受けるのであれば、ちょっとした箸休めとして色々な内容を組み合わせるのも有りだと思いますが、週1で通っているような場合はこのような無駄(1人でもできること)を徹底的に排除しましょう。

英語学習仲間を作ろう

グループクラスならそのクラスメイトでも良いですし、英会話スクールに通っているのであれば英語学習仲間を作りましょう。
これはスカイプ英会話などではできないスクールに通うからこその利点であると思います。また先生と仲良くなるのも有りです。

仲間がいればお互いに勉強情報を交換することも出来ますし、向こうが意識高い系であれば自分のモチベーション維持・向上にもなります。英語学習というのは基本的に孤独な作業なのですが、一緒に上を目指せる仲間の存在は大きな助けになるでしょう。逆にまったくやる気の無いような人といるとこっちのモチベーションまで下がってくるので関わるのをやめましょう。

また社会人・ビジネスマンであれば、クラスメイトと思わぬ仕事の繋がりができてコラボするなんて事もあります。海外留学とかだと帰国後に一緒にビジネス立ち上げなんてこともあるようです。
わざわざ自分の自由時間を勉強に費やしている訳ですから、そこそこ意識の高い人が集まりやすいと考えられます。

英会話スクールの選び方

英語学習ブームのようなところもあり世の中には大量の英会話スクールが存在します。
選び方としてはこれからお話する点を考慮して絞っていくのがいいかなと思いますので参考にしてください。

マンツーマンorグループクラス

授業形式を大きく分けるとマンツーマンかグループの2択となります。どちらにもメリットデメリットがありますが、特にこだわりが無ければマンツーマン授業が受けれるスクールをオススメします。

TOEICやTOEFL等の試験対策をしたい場合は少し事情が変わってきますが、英会話すなわちスピーキングを学びたい場合は、喋れる時間が圧倒的に長いマンツーマンクラスを取るべきです。

講師の国籍

こちらも大きく分けるとするならばネイティブor比ネイティブとなるでしょう。比ネイティブの場合はフィリピン人講師が最も主流になります。理由としては日本から近いことと比ネイティブの中では最高レベルで英語が出来るからです。

一般的にはネイティブとの授業の方が料金は高い傾向にありますが、ケースバイケースです。

最終的には自分の好みですが、個人的には初心者の人はフィリピン人講師から始めるといいかな思います。理由は非ネイティブで聞き取りやすい英語を話してくれることと、非ネイティブスピーカーゆえに私たち日本人と同様に第二言語の取得者であるところです。生まれた時から話しているネイティブと違い、自分自身も学習者であったため生徒の気持ちやつまづきポイントに気付きやすいです。

立地

スカイプ英会話と違って、英会話スクールは毎回学校まで通う必要があります。あまり遠いとメンドくさくなってしまいますし、移動時間もロスになってきますので立地面は大事です。

なんならこの条件の中で僕は一番重視しているくらいです。定期的に通う学校ならばチャリ圏内にあるのは個人的に必須条件です。

チャリ圏内まで行くと難しい人も多そうですが、最低でも最寄りの主要駅からすぐいけるくらいの所にはしましょう。

料金

昔は留学にしろ英語を学ぶのは高いイメージがありましたが、安くて上質な英会話スクールもかなり増えてきました。

強いていうなら英語学習コンサル系が現在では最も高価な部類になります。
なぜそんなに高いのかと言うと、生徒1人につき1人のアドバイザーが付いて徹底的に学習内容を管理、カリキュラムも当然個人専用のものになります。徹底的なパーソナライズ化ゆえに最も高額な部類に。RIZAPのダイエットが話題になりましたがその英語学習バージョンです。

もちろんその分効果としても最高クラスで自分専用なので上達最短ルートと言えます。
料金は気にせず、とにかく最短で徹底的に詰め込んで学びたいような人にはいいかと思いますね。

オススメの英会話スクール

最後にオススメの英会話スクールをまとめた記事を貼っておきますので自分に合ったスクールを探してみてください。

関連記事

「マンツーマン授業が良いけど料金は抑えたい」 「安いけど質の高い講師がいるスクールを知りたい」 「英語初心者でも安心して勉強できるスクールが知りたい」 この記事ではこんな疑問にお答えします。 今までは英会話というとグループ授業が主流[…]

 

 

広告