三郎だけど若菜っち

他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では看護師の方が上なのだそうです。慢性的に人手が不足している医療分野ではいつでも人手を求めている、という事情により、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという専門職らしい長所もあるのでした。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。私の仕事は病院事務です。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんがいつでも皆さん忙しくされています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。ですが、予想よりも柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。なんと子供を連れてきている看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。先生方も喜んで迎えられていて穏やかな雰囲気でよかったです。看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、雇用する側との面接になるでしょう。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。しかし、そういった話の内容のほかに、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかりテストされていると思ってください。人間的な良さをわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。職場にもよりますが、看護師の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。医療現場という、人命のかかった職場であり、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。夜勤を通常より多く入れている人ですとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするというような看護師ですと、給料はもちろん、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師はなかなかリラックスできる暇などなく、そのために強いストレスを経験することになります。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら大事な点になるでしょう。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、チャレンジ精神からきた動機です。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているということも、しばしば言われるようですが、どうやら、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。職場がそんな人間関係ばかりだと少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、必要とされる度合いがとても高いですし、意義の感じられる仕事です。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代制を採っています。こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、ここ数年でどんどん医療機関を利用する人口が増加しています。そうなってくると、医師と看護師も現場では切実に求められているのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。しかし、人材が不足している、ということはつまり、それによって求人も多くなりますから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の助かる点もあります。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。しかしながら、病院における看護業務の他にも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人も実際とても多いのです。つまり看護師であれば、病院ではなくても働く場所も多いですから、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。看護師の仕事はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。それと関係があるのか、おしゃれな人が多くいるように感じられます。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと耳にすることがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最もいいと思います。看護士と看護師、発音は当然同じですが、この二つを漢字で書き表すとどちらかで書き表されます。少し前までだと、看護士と書くと男性を、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。2001年の法律改正を機に、男女分け隔てなく使用できる「看護師」を使うことで一元化しました。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。食事のために休憩するということを仲間うちだけに伝わるようにしたもので普段から使用されているようです。ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれ現在に至っても普通に使用されているようです。病棟勤務の看護師は文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。なくてはならない夜勤業務ですが、人手がだいぶ減ってしまい、また、夜中になって容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は日勤のそれを上回ることになります。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、土日を休みにできるでしょう。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、大抵の場合は土日は休みでしょう。病院などで看護師という仕事に就いていると、勿論逃げ出したくなることも少なくないでしょう。仕事上のミスや、患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。しかし、喜ばしいこと、看護師の仕事をやり続けたいと思うことはいっぱいあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、残業したことによって支払われるべき給金が払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、働いた人に支給されるべきでしょう。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、思ったことは、一般に看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。要資格の専門職である看護師ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、職場を変えるのは難しくなるでしょう。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。看護師さんとお医者さん。この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。他方、看護師の場合は、医師の指導の下、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、中学の時の職場体験で、私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感動したのがきっかけです。大人になって仕事に就くならこういった職業で働いていきたいと思ってそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。いやなこともありますが、充実した日々を過ごしています。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとしてよくいわれる動機の一つに収入が高いという点があります。例えば、一年目の給料で見てみてもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。しかしながら、給料を多くもらうということは、自分の腕を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、その際に気を付けてさえいれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。近年においては、ウェブ上のサービスとして専門的に看護師の求人などを支援するサイトもたくさんありますから、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、辛いと感じることも多いでしょう。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そのうちに体調を崩すこともあるのです。昼夜にわたる、大変な仕事によって疲れは身体から抜けることなく、腰痛や頭痛に苦しむことになり、身体に無理をさせているのかも、と実感してしまうことはあります。以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。そんな風に、出戻ってこれるのかどうかは辞めた状況により変わってきます。結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうしたケースは、実際にとても多いようです。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻ってきて、働く人も増加中です。給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。個人病院はどうなっているかというと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、もし容態が急に変わったら大事になりますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も看護師が行います。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、目が回るほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。病院に初めて看護師が就職を果たした時、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、人事を担当する人の考えによって確定されたりすることもありそうです。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、充分に考えられた配属であることが殆どです。でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク