あきぽんの松兄

抜毛には処理をする部分によっても幾つかのランクに分かれますが、全体抜毛を立ち向かう場合には、病棟などの医療機関で診査レーザーを使って徒労髪の毛を処理する産物と抜毛店頭でパワーを弱めた光線を使って徒労髪の毛を処理する方法の二種類に隔てることができます。
店頭で徒労髪の毛を処理する方法では何故パワーを弱めた光線を用いるのかといいうと、勢力の硬い診査レーザーは医療機関でしか扱うことができないからだ。
しかし、勢力がしょうもない分おスキンに要る担当も薄く痛みが安いというプラスがあります。
そして経費面でも店頭で徒労髪の毛を治療したほうが担当を抑えられます。
また店頭で徒労髪の毛を処理する産物にはIPLという産物と、S.S.C.という産物があり、S.S.C.のほうが光線に反応するジェルをオペ前につける結果、徒労髪の毛に照射する光線が見せるエナジーを吸収して、一層おスキンに負担がかからない産物となっている結果、V道、I道、O道といったデリケートゾーンの徒労髪の毛の治療に向いている産物になります。
また、ジェルが光線と反動して抜毛の作用を決める結果、徒労髪の毛に照射する光線のパワーを別途引き下げることができる結果、よりおスキンに担当がかからなくなります。
S.S.C.ではない他の方法では徒労髪の毛の毛根に光線を照射すると焼け焦げる結果、皮膚がエナジーを帯びて火照ったり、潤いが奪われてカサカサしたりするのですが、ジェルにエナジーが吸収されるとその外観を和らげていただける効果があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク